カテゴリ:その他

朝 新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

昨年は保護者の皆様、地域の皆様に支えられ、本校生徒たちが文武両道にわたってのびのびと力を発揮することができました。

2019年も丹原東中学校の教育活動に御理解、御協力をどうかよろしくお願いいたします。

ピース 制服改正プロジェクト 検討会

制服改正プロジェクトメンバーによる検討会を行いました。制服業者の日本被服さんも来てくださいました。

丹原東中学校の制服として、これから入学してくる中学生が誇りをもって着てくれる制服について、真剣に話し合っています。

ブレザーの色、ライン、ワッペンの大きさやデザイン、ズボンやスカートの組合せなど、一つ一つサンプルを見たり、実際に試着して比べたりしながら、みんなの意見をまとめていきました。

今のメンバーは実際に新制服を着ることはできませんが、この仕事に責任をもって取り組んでくれていることを誇りに思います。

お祝い 国際交流スピーチコンテスト

12月16日(日)、丹原公民館で国際交流スピーチコンテストがありました。

本校からは、1年生の谷山歩華さん、3年生の鳳惇恵さん、黒光那奈さんの3名が英語スピーチで出場しました。

審査員としてALTのノエラ先生も来てくれていました。

本校の3名の英語スピーチに対しての講評では、流ちょうな英語で、自信をもってスピーチができていたことなど、たくさん褒めてくださいました。

結果は次のとおりです。3名とも気持ちのこもったすばらしいスピーチでした。おめでとうございます。(敬称略)

最優秀賞 鳳 惇恵   優秀賞 谷山 歩華  黒光 那奈

バス 長島愛生園 現地研修

12月9日(日)、岡山県瀬戸内市沖にある長島愛生園に教職員6人と希望生徒11人で現地研修に行きました。

長島愛生園は、ハンセン病の国立療養所第一号として1930年に開園しました。

ハンセン病は治療薬が開発され、世界的には「治る病気」になっていたにもかかわらず、日本では強制隔離してきた歴史があります。そうした負の歴史を物語る昭和初期の建造物について、文化審議会は国登録の有形文化財に指定するよう文部科学省に答申しています。

現地研修では、愛生園歴史館でハンセン病や愛生園についての学習をしたり、愛生園の中を実際に見学させていただいたりしました。

ハンセン病であったがための苦悩、社会の根強い偏見や差別に対する怒り、入所者の方たちの複雑な心境等について、学びを深めました。

ハート 差別をなくする市民の集い

差別をなくする市民の集いが西条市総合文化会館で行われました。本校も生徒の人権標語や人権ポスターを出品しました。

人権啓発劇「約束」が上演されました。本校からは、藤友弘子教諭と放送部の井月未空さんが声の出演で参加しました。

感動的な人権劇が、差別解消への大きな啓発になっています。

ハート 田野上方西 地区別人権・同和教育懇談会

田野上方西地区の地区別人権・同和教育懇談会がありました。中学生3名が参加して、日頃の学習の成果を発表しました。

本校の卒業生の高校生2名も参加してくれ、「外国人と人権」をテーマに学習しました。

10月初旬から校区18か所で実施してきた地区別懇談会も今日が最後です。大変お疲れ様でした。

地区別懇談会が終わっても、「自分を含めた全ての人が人間として誇りをもって生きる」ことを目指して学習を深めていきます。

夜 池田 地区別人権・同和教育懇談会

池田集会所で、地区別人権・同和教育懇談会がありました。8人の生徒が参加し、「外国人と人権」をテーマに学んだことを発表しました。

地域のみなさんから「中学生がよく学習しているのに驚いた。」「中学生の発表から学ばせてもらった。」などの声をたくさんかけていただきました。

校区の全18か所で実施される地区別懇談会に本校生徒も参加し、地域の方と一緒に学んでいます。

了解 新メンバーで再スタート「制服改正プロジェクト」

これまで3年生を中心に検討を重ねてきた「制服改正プロジェクト」が、1・2年生の新メンバーで再スタートしました。

今日は、その第1回の会議です。これからこのメンバーで、2020年度から導入予定の新制服について検討していきます。

残念ながら、今の生徒たちは新しい制服を着ることはできません。それでも、丹原東中学校の伝統を築く一歩となることに、誇りをもって取り組んでいます。

夜 上町 地区別人権・同和教育懇談会

上町地区の地区別人権・同和教育懇談会がありました。今年のテーマは、「外国人と人権」です。

4名の3年生が参加し、学んだことを発表したり、小グループで考えを深めたりしました。

今年は全18か所で、地区別人権・同和教育懇談会が実施されています。全ての会場に、中学生も参加します。

ビジネス 三鷹市議会より視察訪問

東京都三鷹市議会 会派 日本共産党三鷹市議会議員団の皆さんが、本校の性的マイノリティについて学ぶ人権学習の取組について、視察研修に来てくださいました。

ちょうど文化祭での発表を目指して取り組んでいた3年生の人権啓発劇を見ていただきました。

その後、本校の取組概要を説明し、質問もいただきながら、協議を深めました。

「3年生の人権啓発劇がすばらしかった。」「生徒が成長していることを感じた。」「何もなかったところから新しい試みを積み上げてきている。」など、今後の取組の励みとなる言葉をたくさんいただきました。