2018年10月の記事一覧

音楽 2年生 合唱コンクールリハーサル

2年生が合唱コンクールのリハーサルを行いました。

最初に、2年2組が「青葉の歌」を合唱しました。

美しいハーモニーが体育館に響いています。

2年1組は「地球星歌~笑顔のために~」を合唱しました。

声量豊かな心地よい合唱です。

本番まであとわずかです。1組も2組も残りの日々を大切にして頑張ってほしいと思います。

家庭科・調理 今日の給食

今日の給食は、牛乳、六穀米ご飯、炒り豆腐、サバの塩焼き、青菜のさっと煮です。

家庭科・調理 「手作り弁当の日」

今日の人権・同和教育参観日に、生徒たちが自分でお弁当を作って持参する「手作り弁当の日」を実施いたしました。

自分でお弁当を作ることを通して、食の大切さを考えたり、保護者の方への感謝の気持ちを育んだりすることをねらいとしています。

「保護者の方と一緒に作る」「一品だけでも自分で作る」「料理をつめるだけは自分でする」など、自分自身ができる範囲での体験です。ただし、「残さず食べる」「お弁当箱を自分できれいに洗う」ことは必須のルールとしました。

保護者の皆様には、御迷惑をおかけしたことと存じますが、教室では生徒の笑顔があふれ、意義ある体験となりました。御理解、御協力ありがとうございました。

 

ピース 人権同和教育参観日 記念講演会

人権・同和教育参観日に、絵本「りつとにじのたね」の作者、ながみつまき先生の記念講演会を実施しました。

実は昨年もながみつ先生の講演会を予定していたのですが、台風による警報発表のため、生徒は参加することができず、急きょ教職員、保護者のみを対象に実施したという経緯があります。本校にとっては2年越しの願いが実現した講演会でした。

クイズや様々な事例、ながみつ先生御自身の体験から、私たちの中にある「無意識の偏見」について深く考えました。生徒たちも積極的に意見や感想をたくさん発表するなど、主体的に参加しました。

本校の「性の多様性について学ぶ人権学習」をはじめとする人権・同和教育は、決して誰かを助けるために行っている教育ではありません。気付かないうちに差別をしてしまったり、差別を許したりしている自分を振り返り、人間として誇りうる人間となるために実施している教育です。今後も、一人一人の人間性を高める人権学習を進めていきたいと思います。

グループ 人権・同和教育参観日 参観授業

10月28日(日)です。本日は、人権・同和教育参観日です。参観授業の様子です。

1年生は、学年全体で「ちがいのちがい」をテーマにして「あってよい違い、あってはならない違い」について考えました。

2年生は、それぞれの学級で、本校が取り組んだ人権劇の台本「自分の存在ーAさんの話ー」をテーマに「性の多様性について学ぶ人権学習」を行いました。

3年生は、体育館での全体学習です。「部落差別を解消する力を付ける」ことをめあてに、結婚差別の問題をテーマに学習しました。

たくさんの保護者の皆様にお越しいただきました。どの学年も生徒一人一人の人権意識を高める学びを進めています。

家庭科・調理 今日の給食

  

今日の給食は、パン、はちみつ&マーガリン、やさいスープ、ポテトミートグラタン、くるみ和えです。

家庭科・調理 今日の給食

今日の給食は、牛乳、麦ご飯、きのこカレー、ちぐさたまご、甘酢和えです。

音楽 3年生 合唱コンクールリハーサル

   

3年生の合唱コンクールのリハーサルの様子です。体育館に大きな歌声を響かせることができています。文化祭当日までにはまだ時間があります。更に上手になっていくと思います。